3日前に投稿
3日前に投稿
妻の美術手帖を読んでたら「アイデアを具現化するプロセスはただの単純労働だから、単純労働に耐えうるべきテーマかどうか自分で精査しなければならない」という村上隆の言葉が紹介されていて琴線に触れた。
3日前に投稿

4つ目が「concentration」。これは「集中する」ということですが、何に集中するかといったら「今できることに集中しろ」ということです。「動物は今を精一杯生きている。でも人間は、済んだことを悔やんで今できない。先のことを心配して今できない。俺はそういうのは大嫌いだ。今できることをやってくれ」という言い方をします。そう簡単にいっても中々できないんですけど。

 前に山形の講演でこの話をした時に、最後の質問コーナーで賢そうな顔をした小学生が一番に「はいっ」と手を挙げて、「僕は県選抜に選ばれています。でも今、怪我をしていてプレーできません。ライバルがいます。ライバルがものすごく調子良くて、僕は心配で心配でしょうがありません。こういう時のメンタルのコントロールはどうしたらいいでしょう?」と質問したんです、小学生ですよ。そこで、「おお、君は大したもんだなあ。でも君な、そのライバルのわら人形を作って呪い殺せるか? できへんやろ。今、君にできることは何だ? 恐らく怪我を治すことしかできないはずだ。相手のことは怪我が治ってから考えろ」とアドバイスしました。

 勝負の鉄則に「無駄な考えや無駄な行動を省く」ということがあります。考えてもしょうがないことを考えてもしょうがない。負けたらどうしよう。負けてから考えろ。ミスしたらどうしよう。ミスしてから考えたらいい。「余計なことを考えて今できない、なんて冗談じゃない」と言います。できることは足元にある。今できること以外にない。それをやらないと、目標なんか達成できないんです。

 それでは選手が今できることは何かというと、日ごろのコンディション管理、集中したすばらしい練習をすること、試合でベストを尽くすこと。「この3つをきっちりやらないで、優勝しますとか、ベスト4行きますとか冗談じゃねえ」と言います。小さいことにもうるさいですよ。「100%使え」と言ったら98%じゃダメ、100%なんだと。

 選手にも話すのですが、何でそういうことを言うのかというと、運というのは誰にでもどこにでも流れているんです。それをつかむか、つかみ損ねるかなんですよ。俺はつかみ損ねたくない。だから常につかむ準備をしている。自分でつかみ損ねていて、「運がない」と言っている人をいっぱい見てきました。「俺はそれをつかみたい。お前がたった1回ここで力を抜いたおかげでW杯に行けないかもしれない。運を逃してしまうかもしれない。お前がたった1回まあ大丈夫だろうと手を抜いたおかげで運をつかみ損ねて、優勝できないかもしれない。俺はそれが嫌なんだ。パーフェクトはないけど、そういうことをきっちりやれ」と言います。

 僕は「勝負の神様は細部に宿る」という言い方をします。試合に勝った負けたといった時には、大上段に構えた戦術論やシステム論が取りざたされます。それは大事ですが、勝負を分けるのは往々にしてそういう小さなことの積み重ねなんです。これはもう僕の信念ですね。concentrationではそういうことを言っています

Business Media 誠:岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは (1/7)

話がうまいね。もう岡田監督は講演会だけで喰っていけるかも。

(via kashino) (via do-nothing) (via petapeta) (via kml) (via before-after)

(via akisuteno) (via gkojax-text) (via highlandview)

3日前に投稿
君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。
3日前に投稿

(出典: inushige)

3日前に投稿

(出典: latiis)

5日前に投稿
すべての仕事は、人間の良心を麻痺させるために存在するんだよ。資本主義を生み出したのは、仕事に打ちこみ貯蓄を良しとするプロテスタンティズムだ。つまり、仕事とは宗教なのだよ。信仰の度合において、そこに明確な違いはない。そのことにみんな薄々気がついてはいるようだがね。誰もそれを直視したくはない
5日前に投稿
 「NHK式」では、「一文50文字以内」です。
 一文、つまり始まりから句点「。」までが50 文字を超えると長いということです。
5日前に投稿

よくできたSF小説だと思う。タイムマシンを大道具として使って、飽きさせない物語を作っている。タイムマシン小説を楽しみたいと考えたら十分成功しているだろう。私は何をぐだぐだと奥歯に物の挟まったような言い方をしているのか。

 タイムマシンというものが存在したら世界観が変わるだろう。既存の哲学が見直されなければならないだろう。宇宙論が変わるだろう。そういう根源的な絶対的なモノなのだ。タイムマシンを導入したときに、単に面白い物語、それを可能にする大枠にとどめるのが不満なのだ。世界の見方を根本的に変える視点を導入してほしい。

 スタニスワフ・レムだったら、そのようなSFを書いてくれただろう。SFなんて楽しめばいいだけじゃんと言うのなら、それは私の好みとは決定的に違うのだ。

6日前に投稿